FP(ファイナンシャルプランナー)の選び方と違い

今すぐ!保険・無料相談 お電話でのお問い合わせも受付中です。0120-710-767

保険を選ぶポイント!相談相手の選び方と違い

FPとは?

FPとは?

FP(エフピー)とはファイナンシャルプランナー(Financial Planner)の略で、ファイナンシャル(財政上)のプランナー(立案者・計画を立てる人)という意味になります。

家計に関する幅広い知識を備え、お客様である個人(法人)からの収入・支出・資産形成などの情報をもとに、一人ひとりのライフプランに合ったアドバイスをおこなう『家計のホームドクター』のようなものです。

具体的な業務としては、ライフプランの設計(教育資金や住宅ローンの見直し)・不動産関連(不動産の有効活用等)のアドバイス・金融資産(金融商品の選択や投資信託等)・保険関連(生命保険・個人年金保険等)・税金関連(確定申告等)相続・事業承継(事業承継対策・相続税対策等)など多岐にわたります。

FPは、平成15年よりファイナンシャルプランナー技能士として国家資格になりました。
http://www.jafp.or.jp/

FPの業務は大変広いため全てに精通している人は非常にまれで、より専門的な相談になった場合は、その道の専門家に依頼することになります。

保険の知恵袋のFPは、保険のすべてについて詳しく知っている経験豊富な独立系FPなのです。

企業系FP(ファイナンシャルプランナー)と独立系FP(ファイナンシャルプランナー)の違い

企業系FP(ファイナンシャルプランナー)とは?

特定の金融機関(保険会社・証券会社)に社員・販売員として所属しているFPのことをいいます。

特定の機関に所属しているため、どうしても所属している組織(関連会社・提携会社等)の商品しか提供できない場合が多く、その中だけで、全てを解決しようとしてしまいます。
これでは、一人ひとりに合ったアドバイスはできませんよね。

お客様はそれぞれの担当者から自分の会社の商品だけを説明されることになり、どれが本当に自分に合った商品なのか判断することができません。

独立系FP(ファイナンシャルプランナー)とは?

特定の金融機関(保険会社・証券会社等)に属さず、業務を行っているFPをいいます。

特定の金融機関に所属していないため、中立公正の立場で、お客様にとって真に役立つ情報・アドバイスを提供することができるメリットがあります。

また複数の保険会社から「いいとこどり」をした、お客様にとっての一番最適なプランを案内してもらえるので、満足することができるのです。

企業系FPと独立系FPの違い

独立系FP(ファイナンシャルプランナー)のメリット

保険会社側の立場ではなく、お客様の立場に立って、お客様のライフプランに合った商品を選択することができます。

さらに、次々と変わっていくお客様個人の経済状況などの変化に対しても、プロの視点から迅速で的確な対応をすることが可能となります。

独立系FPはお客様の現在の収入や支出・今後の収入や年金・人生目標を把握した上で様々なシュミレーションをしますので、生涯を通して最適なアドバイスができるパートナーとなります。

独立系FPだから実現できる、一人ひとりに合ったオーダーメイドプラン!

死亡保障が得意な保険会社、医療保険が得意な保険会社、積立保険が得意な保険会社、がん保険が得意な保険会社から、保険の知恵袋が、一人ひとりのライフスタイルに合った最適なオーダーメイドプランをコーディネートします!

保険の知恵袋のFPが、複数の保険会社を比較検討し、あなたにピッタリの組合せを実現!

相談したらしつこい勧誘があるのでは?いいえ、提案はしても勧誘は絶対に行いません! このページのトップへ戻る
充実・割安な保険をご紹介!無料相談受付中! 保険を作る重要なポイントはカタチとサイズ 保障充実!なのに保険料が安くなる!? FPが実践している保険料節約の事例集 相談相手の選び方と違い 保険証券の見方 保険の基礎知識(定期保険・終身保険の仕組み) FP110番、登録FPの選定基準 保険会社運営の仕組みと格付け FPが選ぶライフステージ別の保険 みんなどんな相談をしているの? 保険の知恵袋 Q&A