保険(生命保険・医療保険など)に関する基礎知識

今すぐ!保険・無料相談 お電話でのお問い合わせも受付中です。0120-710-767

保険を選ぶポイント!保険の基礎知識

「保険」は難しいものと思われていますが、仕組みが分かれば意外と簡単にできていることが分かります。
現在日本で営業している保険会社は40社以上。それぞれが保険商品を出しているので、数千種類も保険商品があるということになります。
でも、分類していくと実は、たった2つの保険に分類することができます。

基本は、この2つの保険を知っていれば大丈夫!それが「定期保険」と「終身保険」です。

35歳の男性の保険を例にとってみてみましょう!

35歳男性 1,000万円の死亡保険(例:A保険会社)

まずは「定期保険」。
ここでは35歳の男性が65歳まで1,000万円の保険に加入しています。つまり、65歳までの間に万が一亡くなった場合、ご遺族は1,000万円の保険金を受け取ることができます。 しかし、65歳を1日でも経過すると、1円も受け取ることができません。 つまり、期間が定まった保険です。

もうひとつは「終身保険」です。
文字のとおり、身が終わったときに支払われる保険です。この方が何歳で亡くなっても、85歳でも、95歳でも亡くなった時に1,000万円を受け取ることができる保険です。つまり保障が続く保険です。

次に保険料をみてみましょう。

定期保険」は月額5,280円かかります。
その保険料を65歳までの30年間、支払うことになりますので、65歳までに1,900,800円を支払うことになります。

最近65歳で亡くなる方は本当に少ないです。
65歳を元気で迎え、1,900,800円も払ったんだから少しぐらいお金を返してほしいと思い、保険会社に相談に行ったとしても、保険会社はお金を返してはくれません。
この保険のことを「掛捨て保険」と言います。

一方、「終身保険」は月額18,920円かかります。
「定期保険」に比べると高いですね
同じように65歳までに支払うと、6,811,200円も支払うことになります。

基本「終身保険」は、身が終わった時に支払われることが目的の保険ですが、「定期保険」と同じ支払い終わった65歳の時点で、保障が不要ということで仮に解約をしたとしたら、今度は7,003,000円が解約返戻金として返ってきます。(もちろん、解約した場合は保障はなくなります)
つまり、お金が増えているので貯蓄性があるといえます。

ここで再度確認すると・・・

保険は2つ、「定期保険」と「終身保険」

定期保険
一定期間の保障
終身保険
保障が一生涯続く保険

この2つの保険に関して・・・

保険料は?
「定期保険」は安い
「終身保険」は高い
払ったお金はどうなるの?
「定期保険」は掛捨て
「終身保険」は支払いが終了後、貯蓄性あり。

この仕組みを把握していれば、加入している保険がどのようになっているのかが分かりやすくなります。今の保険を見直してみましょう!

今の保険を見直したい!

より良い保険選びのために…保険の知恵袋FPによる無料相談受付中!!

FPによる無料相談

お電話でのお問合せも受付中です。0120-710-767

ちなみに、定期保険と終身保険は、さらに決まった期間で更新するタイプの保険と、契約期間内更新しないタイプの保険とに分けられます。

更新型保険とは?

更新型タイプは10年、15年といった期間で契約を同じ内容で更新することができます。ただし、決まった期間が終了するたびに、保険料が上がる仕組みになっています。

更新型:終身医療保険

全期型保険とは?

全期型の保険は、加入時に希望する全期間の保険を購入することができる仕組みになっています。

※全期型保険には、終身払いと短期払いがあります。
いつまで保険料を払うかという点が違いますが、加入時に希望する全期間の保険を購入することができるという点では同じです。

全期型:終身医療保険(終身払い) 全期型:終身医療保険(短期払い)

支払い総額は、全期型よりも更新型の方が高くなります!

保険料がだんだんupすると思ってる方は更新型に加入しているのかも。
全期型があること・・・ご存知でしたか?

今の保険を見直したい!

より良い保険選びのために…保険の知恵袋FPによる無料相談受付中!!

FPによる無料相談

お電話でのお問合せも受付中です。0120-710-767

このページのトップへ戻る
充実・割安な保険をご紹介!無料相談受付中! 保険を作る重要なポイントはカタチとサイズ 保障充実!なのに保険料が安くなる!? FPが実践している保険料節約の事例集 相談相手の選び方と違い 保険証券の見方 保険の基礎知識(定期保険・終身保険の仕組み) FP110番、登録FPの選定基準 保険会社運営の仕組みと格付け FPが選ぶライフステージ別の保険 みんなどんな相談をしているの? 保険の知恵袋 Q&A