生活費編 - 保険(生命保険・医療保険など)の「カタチ」と「サイズ」

今すぐ!保険・無料相談 お電話でのお問い合わせも受付中です。0120-710-767

生活費編 〜 FP(ファイナンシャルプランナー)が考えるのは「カタチとサイズ」

1.生活費

生活費は保険を考える上で根幹をなす部分であると思います。
一般的にはご主人様に万が一があった場合、現在の生活費の7割になるといったりしますが、実際にその金額で生活が成り立つのかを考える必要があります。もちろん住居の形態によっては、家賃を考える必要があったりします。

ご主人に万が一があった場合(3人家族の場合)

※一般的に、生活費の70%が保障されます。

例えば、月40万円で暮らしていた場合、28万円の生活費になる

こんなに生活費が減っても暮らしていけるかしら…?

さらに、奥様が専業主婦であれば、国民健康保険にも加入しなければなりませんし、さらには国民年金保険料も支払わなければなりません。

夫に万が一があった場合しなくてはいけないこと

  • 国民健康保険に加入する
  • 国民年金を払う
  • (民間の)生命保険料

こんなに…一体どうすればいいの?

このように出るお金もあれば、入るお金もあります。

出るお金
生活費
国民健康保険
国民年金
入るお金
遺族厚生年金
遺族基礎年金

そしてもちろん、貯蓄も必要です。仮にご主人様に万が一があったとしても、夏休みにはお子様を旅行に連れていったりしてあげたいですよね。

これだけのお金がいるのですから、月額いくらあったら安心して生活を送ることができるでしょうか?
出るお金、入るお金をしっかりと把握し、万が一の時にも暮らしに困らないように心がけたいですね。

保険の「カタチとサイズ」ははっきりしましたか?それでは、いよいよご自身に合った保険商品を選んでいきましょう!

生活費以外の保険選びのポイント

より良い保険選びのために…保険の知恵袋FPによる無料相談受付中!!

FPによる無料相談

お電話でのお問合せも受付中です。0120-710-767

このページのトップへ戻る
充実・割安な保険をご紹介!無料相談受付中! 保険を作る重要なポイントはカタチとサイズ 保障充実!なのに保険料が安くなる!? FPが実践している保険料節約の事例集 相談相手の選び方と違い 保険証券の見方 保険の基礎知識(定期保険・終身保険の仕組み) FP110番、登録FPの選定基準 保険会社運営の仕組みと格付け FPが選ぶライフステージ別の保険 みんなどんな相談をしているの? 保険の知恵袋 Q&A