教育費編 - 保険(生命保険・医療保険など)の「カタチ」と「サイズ」

今すぐ!保険・無料相談 お電話でのお問い合わせも受付中です。0120-710-767

教育費編 〜 FP(ファイナンシャルプランナー)が考えるのは「カタチとサイズ」

2.教育費編

お子様一人が社会人になるまでにかかるお金は、いろいろな雑誌やHPにも掲載されています。大学まで全て公立でも1,000万円、高校から私立で1,500万円、幼稚園から全て私立で2,000万円ともいわれています。

■子供1人にかかる養育費

全て公立の場合
約1,000万円
高校から私立の場合
約1,500万円
全て私立の場合
約2,000万円

教育費の考え方にはいろいろありますが、お子様の夢の実現のために必要なお金や、ご主人様に万が一何かあっても、経済的な問題でその夢をあきらめなくてもいいように、と考えたいところです。

その為に、教育にかかる費用についても、お金に余裕を持って考えたいですよね。

保険の「カタチとサイズ」ははっきりしましたか?それでは、いよいよご自身に合った保険商品を選んでいきましょう!

教育費以外の保険選びのポイント

より良い保険選びのために…保険の知恵袋FPによる無料相談受付中!!

FPによる無料相談

お電話でのお問合せも受付中です。0120-710-767

このページのトップへ戻る
充実・割安な保険をご紹介!無料相談受付中! 保険を作る重要なポイントはカタチとサイズ 保障充実!なのに保険料が安くなる!? FPが実践している保険料節約の事例集 相談相手の選び方と違い 保険証券の見方 保険の基礎知識(定期保険・終身保険の仕組み) FP110番、登録FPの選定基準 保険会社運営の仕組みと格付け FPが選ぶライフステージ別の保険 みんなどんな相談をしているの? 保険の知恵袋 Q&A