入院費用編 - 保険(生命保険・医療保険など)の「カタチ」と「サイズ」

今すぐ!保険・無料相談 お電話でのお問い合わせも受付中です。0120-710-767

入院費用編 〜 FP(ファイナンシャルプランナー)が考えるのは「カタチとサイズ」

4.入院費用

現在、日本人の平均寿命は80歳を超えています。このような長い人生の間には病気やケガで入院することもあるかもしれません。
下の表を見ると、高齢になればなるほど入院のリスクが高くなることが分かりますね。

入院受療率(人口10万対)
入院受療率(人口10万対)

それでは、いつまで入院した時の保障があれば安心できるでしょうか?また、実際に入院した場合、いくらぐらいかかるのでしょうか?
もちろん、入院した病気やケガによって入院の期間も違ってくるので、かかる費用は変わってきます。
健康保険で7割、自己負担が3割かかります。この自己負担の3割以外にも、健康保険適用外にかかる費用もあります。
そんな中で、入院した場合、保険会社からはいくら給付されれば安心できますか?

入院費用のサイズ その1

入院費用のサイズ その1

※注1 高額療養費制度について
長期的に入院する場合や治療が長引く場合などで、1か月の医療費の自己負担額が高額となった場合に、一定の金額(自己負担限度額・3割負担分約80,000円/月)を超えた部分が払い戻される制度です(払戻し額は、所得によって変動します)。ただし、差額ベッド代や、食事療養費・入院時生活療養費などの自己負担額は対象にならないので、注意が必要です。

入院費用のサイズ その2

健康保険が適用されないものの代表が、「差額ベッド代」です。
病院にもよりますが、大まかな料金設定は下表の通りです。

差額ベッド代の料金設定は?

大まかなイメージとしては、6人以上の大部屋なら無料、個室なら最低1万円程度、トイレ付の個室なら最低2万円程度といったところです。
大部屋は大体いつも満員で希望しても入れないケースが多いので、あらかじめある程度の備えは用意しておいたほうがいいでしょう。

特別療養環境室の料金と設備(平均的な都内の病院の場合)

医療保険のカタチ

例:35歳 主婦(子供あり)の場合 終身医療保険のカタチ

入院費用は、平均13,000×37.5=487,500円

「入院費用のサイズその1」でかかる自己負担額約3,000円+「その2」でかかる健康保険適用外額約10,000円

入院すると、こんなにもお金がかかるんですね!

健康保険が適用されるとはいえ、かなりの負担になることは確かです。
万が一に備えて、自分と家族にもっとも適した入院プランを考えておく必要がありますね。

保険の「カタチとサイズ」ははっきりしましたか?それでは、いよいよご自身に合った保険商品を選んでいきましょう!

教育費以外の保険選びのポイント

より良い保険選びのために…保険の知恵袋FPによる無料相談受付中!!

FPによる無料相談

お電話でのお問合せも受付中です。0120-710-767

このページのトップへ戻る
充実・割安な保険をご紹介!無料相談受付中! 保険を作る重要なポイントはカタチとサイズ 保障充実!なのに保険料が安くなる!? FPが実践している保険料節約の事例集 相談相手の選び方と違い 保険証券の見方 保険の基礎知識(定期保険・終身保険の仕組み) FP110番、登録FPの選定基準 保険会社運営の仕組みと格付け FPが選ぶライフステージ別の保険 みんなどんな相談をしているの? 保険の知恵袋 Q&A