保険料節約の事例集

今すぐ!保険・無料相談 お電話でのお問い合わせも受付中です。0120-710-767

保険料節約の事例集

FPが実践している保険料節約の事例集

FPが実践している保険料節約の事例集

保険に加入するには、目的を明確にする必要があります。
何のために保険に加入するのでしょうか?

多くの方は、「自分に万が一のことがあった場合に、家族が困らないように」とお答えになります。

そのとおりです。大切な家族が「経済的に」困ることのないように加入します。

でも、その金額が少なかったらどうしましょう?
経済的に困らないように加入したはずなのに、目的を達成することはできませんよね。

また、その金額が多かったらどうでしょう?
たくさんもらえるからいい?
いえいえ。その分保険料を支払っているんです。万が一のために。つまり万が9,999は無駄になっているのかもしれません。

そもそも保険は、万が一の場合の経済的な損失をカバーするためであって、得する(ご主人様に万が一のことがあって、今よりリッチな生活をする)というのは、ちょっと変ではないでしょうか。

つまり、保険は本人、家族のサイズに合ったものにする必要があるんです。そして、時間の経過とともに必要な金額(カタチ)は変化します。

そのカタチとサイズに合った保険が、無駄のない、そして本当に意味のある保険なのです!

カタチとサイズに合った保険が、保険料の節約につながるということを、保険の知恵袋のFPが実践している事例でご説明します。

FPが実践している保険料節約の事例とは?

あなたが今入っている保険について、カタチとサイズは分かりますか?図解してみましょう!

現在入っている保険(約6年経過)

A社 1社でのパッケージ

現在、毎月約19,000円の保険料。44歳以降、更新すると…毎月約40,000円!!

これが本当に必要な保険の形ですか?
  • 29歳でもらう額と60歳でもらう額は一緒でいいの?
  • 災害や事故で死亡した場合だけ保険金がもらえる…この特約必要ですか?
  • そもそもどんな時にもらえるか理解していますか?
  • 現在、死亡した場合5,000万円もらうだけで足りますか?
  • 60歳で死亡した場合に5,000万円も必要ですか?
  • 医療保険が80歳で終わって大丈夫ですか?
  • 主契約を解約すると全て解約となりますが、それで良いですか?
  • 見直しが必要となったときに、柔軟に対応してもらえますか?

これらを自分一人で判断できますか?保険にダブりや漏れはありませんか?

保険の知恵袋に相談すると!?

見直した後の保険

保険会社ごとの強み・特徴ある商品を利用

4社併せて、毎月約19,000円の保険料(65歳払いと終身払い)

つまり保険見直し後は・・・

44歳以降でも何と毎月19,000円!年間で252,000円、なんと10年で2,520,000円もお得なんです!!

これが最適な保険の形!
  • 生活の保障、お葬式代、がん治療など、目的ごとに保険加入
  • 保険料は一定(値上がりなし)
  • 保障期間は内容に応じて定期と終身を使い分ける。
  • 見直しが必要になった場合は、該当する保険のみ切り替える。
    支払う保険料が変わらず、必要な保障内容になるのは、嬉しい。

支払う保険料がずっと変わらず、必要な保障内容だと安心できるね!!

保険を見直すことで、必要な時に必要な内容で保障を受けることが可能です!そして、値上がりのイメージが強い保険も、一定額に収めることができるんです!

今の保険を見直したい!

より良い保険選びのために…保険の知恵袋FPによる無料相談受付中!!

FPによる無料相談

お電話でのお問合せも受付中です。0120-710-767

このページのトップへ戻る
充実・割安な保険をご紹介!無料相談受付中! 保険を作る重要なポイントはカタチとサイズ 保障充実!なのに保険料が安くなる!? FPが実践している保険料節約の事例集 相談相手の選び方と違い 保険証券の見方 保険の基礎知識(定期保険・終身保険の仕組み) FP110番、登録FPの選定基準 保険会社運営の仕組みと格付け FPが選ぶライフステージ別の保険 みんなどんな相談をしているの? 保険の知恵袋 Q&A